呪怨 白い老女

の画像0

ストーリー

大ヒット「呪怨」シリーズ、その10周年の節目として製作された2部作の1編。東京・西荻のある家で、司法試験に落ちた息子が家族5人を次々と惨殺。自らも首を吊って死んだ。死ぬ間際に彼が録音したカッセトテープには「行きます。すぐ行きます……」という彼の声と共に、少女の不気味な声が録音されていた。それは、現在は高校に通うあかねが小学生の頃に親友だった未来という少女の声だった。未来は、一家惨殺事件で首を切られて殺された被害者だったのだ。そんなある日、幼い頃から霊感が強かったあかねの前に…。

出演者

コメントを残す

サブコンテンツ

新着映画

このページの先頭へ